2018年07月01日

大学受験に必要な3つのコト ~③計画と行動~

こんにちは。
久しぶりの更新となってしまいましたが、
4月に行った大学受験ガイダンスで
お話しした内容の続きを紹介していきます。

CIMG7452_R.PNG


~大学受験に必要な3つのこと~

最後は「計画と行動」です。


自分の現状把握と目標設定が
できたら、あとは、そのギャップを
埋めるための「計画と行動」を
とることが必要です。


まず計画について。

計画を立てる時間がもったいない、
計画を立ててもその通りにいかないから
計画を立ててもムダ

と考えている人もいると思います。

確かに、計画を立てて満足してしまったり、
計画を立てること自体が
目的になってしまったり、
無謀な計画を立てたりということが
よくあります。

しかし、計画を立てることは
大学受験においては必須だと
思います。
全然計画を立てずに上手くいく人も
まれにいるかもしれませんが、
立てた方が無難でしょう。

その理由は以下の通りです。

①大学受験は時間が限られている

現役生にとって、
大学受験は時間との闘いです。
かけた時間や労力に対して
得点がどのくらいアップするか
という視点をもち、
「効率」をいかに良くするか
考えることはとても重要です。
ですから、
時間が限られていると割り切って、
捨てるところは捨てる、
時間をかけるべきことに
時間をかけて勉強するという
計画が必要になります。


②モチベーションの維持

後でも話しますが、
成果を出すために最も重要なことは
行動でしょう。

その行動の原動力となるのが、
動機、モチベーションですね。

大学受験は、定期テストと違い、
長距離走のようなものなので、
アップダウンがあります。

そこで、計画を立てて、
短期的な目標を達成していく
ことで、達成感を得られたり、
成果を実感できたりして、
モチベーションの維持に
つながります。


こうした理由から、
大学受験においては
やはり計画をしっかり立てる方が
良いのではないでしょうか。


では、最後に、
行動について考えてみます。

成果が上がるというのは
行動した結果ですね。

大学受験においても
志望校合格を達成するのは
行動(勉強)した結果です。


第一志望校に合格する生徒の特徴は
やはり、「大量行動」です。

例えば夏休みは、
塾が始まる9時前に2時間、
塾でおよそ12時間、
塾が9時半に終わってから
家に帰って1時間の勉強を
40日間継続した生徒は
見事な合格を果たしました。

夏休みは一日12時間以上の
学習で8月末までの学習時間、
合計約500時間を達成することが
できます。

もちろん、学習の質や集中度も
大事ですが、
1日約12時間の学習時間が
できると成果も上がってきます。

1日12時間以上の勉強は
容易には達成できません。
しかし、目標へのモチベーション、
一緒に頑張る同じ境遇の仲間、
応援する先生や家族の存在があれば、
決して達成できない数字では
ありません。


高等部では、夏期講習中、
一日の学習時間を
毎日記録してもらい、
学習時間を意識して
勉強しています!


さあ、今年も
夏期講習が始まりました!
大量学習に向けて燃えています!


CIMG8011_R.PNG










posted by koutoubu at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

中間テスト対策


こんにちは。

今日は1学期中間テスト直前ということで、

中間テスト対策勉強会「ミラクル中間」

開催しています!


午前10時から多くの高校生が
勉強に来ています。


CIMG7547_R.PNG

CIMG7546_R.PNG

CIMG7545_R.PNG

CIMG7543_R.PNG

CIMG7548_R.PNG

高校1年生にとっては、
高校に入って初めてのテストですね。

高校のテストは中学とどう違うでしょうか?

まず、高校の授業は、
中学に比べて進むのが早いため、
一回の定期テストの範囲が広くなります。

また、
中学校のテストは長くても2日間で
終わると思いますが、
高校のテストは、科目数も多く、
1日で3教科程度しか行わないことが多いです。

そのため、中間テストであっても
3、4日かかることが普通です。

つまり、
範囲が広くなり、科目数も多くなり、
テスト日程も長くなるというのが
高校のテストです。

高校のテストで良い結果を出すためには、
テスト日程が長いことを上手く利用して
効率的な勉強計画を立てることが重要です。

高等部では
テストの目標点と学習計画を作成して
勉強に取りかかります。

中間テストに向けて頑張っています!


posted by koutoubu at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

大学受験に必要な3つのコト ~②目標を設定しよう~


こんにちは。

さて、今回も、
先日の大学受験ガイダンスで
お話しした内容を紹介していきます。


~大学受験に必要な3つのこと~


2つ目は「目標設定」です。


大学受験における目標といえば、
「志望校に合格する」ことですが、
その目標を掲げているだけでは
やるべき行動は見えてきませんね。


そこで、大学受験における
大事な目標の一つと言えるのが
「目標得点」となります。

例えば、
自分の行きたい大学に合格するのに
センター試験でどのくらいの得点を取る必要があるのか
個別試験では何割くらいの得点が合格最低ラインなのか
といった得点のことです。

つまり、
「合格最低ラインを超す得点を取る」ことが
志望校に合格するための目標となります。
これが分かればゴールのイメージは
グッと強くなると思います。

志望校の合格最低ラインは
インターネットなどから調べることができます。

センター試験の目標得点を知りたい場合は、
予備校の発表している、
各大学のセンター試験合格ボーダーというものを
参考にすると良いでしょう。

センター試験の目標は
志望校のセンターボーダーより
少し上に設定すると良いと思います。


全体の目標得点が決まったら、
次に各科目の目標得点を考えます。
全体の目標得点を均等に割り振るのではなく、
自分の得意不得意や各科目の「コスパ」等を鑑みて
各科目の目標得点を決めるようにしましょう。


センター試験は基礎的な知識・学力が
問われる試験であるため、
ある程度の得点までは
普通に勉強することで到達できます。

しかし、かなりの高得点を狙うならば
センター試験特有の問題に慣れたり
細かい知識を覚えたりするなど、
センター試験用の勉強が必要になります。

7割の得点で良いのか、
9割取らなければいけないのかによって
かける時間や労力は違ってくるのです。


時間の限られた受験生にとって
非常に大切なことは、
何に時間・労力を費やすべきか、
何に時間・労力を費やさないべきか、
その両方を考えることです。

それを意識して
目標を設定してみてはどうでしょうか。

image1 (6)_R.PNG


~③計画と行動に続く~








posted by koutoubu at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする